メンタルヘルス.com

<スポンサードリンク>

メンタルヘルス.com

メンタルヘルス.com

 

メンタルヘルス.comへお越し頂きありがとうございます。当サイトでは対人恐怖症や統合失調症、不安障害といったメンタル面の失調を解決に導く方法をアドバイスさせていただいております。またその原因となりやすい虐めや人間関係の悩み解決の為の助言もさせて頂いておりますので、少しでも力になれれば幸いです。

 

イジメの解決方法まとめ

いじめは現在多様化しており決定的な解決策を一個上げることなどできません。広い視点で多角的に原因を分析し、問題の解決にあたる必要があります。当サイトではイジメ問題の解決方法を様々な観点から紹介しています。

 

イジメの解決方法まとめ

●誰かに相談しよう。いじめられていることを1人で抱え込まないことが大事。

 

●いじめられている間は不安や孤独感、不快感に苛まれてまともに頭が働かない。信頼できる人に相談して解決のアドバイスを貰おう。

 

●親に相談するのが嫌なら学校に設置してあるカウンセリングやWEBカウンセリングを利用しよう。

 

●文部科学省には子供のSOSの相談窓口が設置されている。電話して話を聞いてもらおう。

 

 

●もちろん信頼にたる先生ならば先生に相談するのも有効な手段だ。

 

●現場に精通して、ある程度コントロールできる立場にいる人に相談できるのが最も効果が期待できる。

 

●いじめられていることを相談ておけば、クラス替え時には加害生徒と別のクラスにしてくれるはず。

 

●教師に相談したことが逆にいじめをエスカレートさせる原因になることもあるので、本当に信頼できる教師を選んだほうがいい。(過去に担任だった信頼できる先生に相談してもいい)

 

●考えてわかるなら悩んでいないのだから現段階で自分にも責任があるかもということは考えなくてよい。

 

●いじめの解決には周りのサポートが必要不可欠である。子供は表現力が乏しく伝えたいことをうまく伝えることができない。

 

●いかに大人が察して適切なサポートをしてあげられるかがいじめ解決の肝となる。

いじめに関する法律「いじめ防止対策推進法」とは

日本のいじめに関する法律である「いじめ防止対策推進法」の内容を紹介しています。

 

いじめに関する法律「いじめ防止対策推進法」とは:
社会問題ともなっているいじめ問題への対応と防止を学校や行政に義務つける法律のことです。学校側が適切な対応をしなかったことが原因とされ起こった大津市中2いじめ事件が契機となって2013年6月28日に可決・成立し、同年9月28日に施行されました。

 

法の内容/いじめの定義

この法律によるいじめの定義はざっくりいえば「小中高の生徒が生徒に対して心理的・物理的な苦痛を与える行為」とされています。

 

この心理的な苦痛を与える行為というのはインターネットを通じて行われるものも含まれています。

 

学校側の取り組みに対する基準

この法律で特に変わったことといえば、いじめ行為に対する学校の取り組みにも明確に基準が設けられました。

 

  • 道徳教育の強化
  • いじめ早期発見
  • 相談体制の強化
  • いじめ対策専門の人材の確保
  • 啓発活動
  • 加害生徒の隔離

 

いじめを起こさないこと、早期発見をして対策を打つことに主眼を置いた基準になっています。

 

とくに自殺などの重大な事態については調査と報告が義務つけられています。これは社会的な批判を恐れてあまりにこういった事態を隠そうとする学校が増えたことへの措置でしょう。

 

いじめに関する法律を定めたことが今後日本のいじめ件数減少に貢献するといいですね。

イジメの復讐方法ではなく自分の未来を考えよう

イジメを受けた経験というものは一生心に残るもの。よく復讐の方法を必死に考える人を目にします。ですが「今」という時間を復讐の方法を考えることに使っているという事実に目を向けてみてください。

 

非常にもったいなく、虚しいことをしていることに気がつくと思います。その理由をお話していきます。

 

復讐の方法はあなたが幸せになること以外にない

復讐というもの大抵無意味に終わります。しいていえば、あなた自身が幸せになることが唯一の復讐になります。

 

人生における失敗、挫折、屈辱、あらゆる経験全てをプラスに考えましょう。

 

あなたが復讐心にとらわれているのならそれは過去に拘っていることに他なりません。

 

どこかで人生を変えたいと思っているなら・・・

 

とにかく未来を向きましょう。未来だけを向く。これが人生を楽しく生きる、成功させるコツです。

 

過去に起こったことが重要になるのは、経験や知恵を得るためのみです。

 

それ以外は必要ありません。理不尽な過去は全て自分の成長のためだと解釈しましょう。

 

未来のために今を生きる

復讐心にとらわれている間は未来のための努力を怠っていることになります。

 

あなたは未来のために今を生きているのであって、未来のために今の自分があるのです。

 

復讐の方法を考えたところでいじめられたという過去は変えることはできません。実質的に無意味な行動になる可能性が非常に高い。

 

そんな無意味なことにあなたの人生の貴重な時間をさくのは、現在進行形で昔いじめてきた相手に嫌がらせを受けているようなもの。

 

あなたが未来を向き、あなたの人生を成功させる。これが唯一おすすめできる復讐方法だと思っています。

 

すぐに結果を出す必要はありません。未来の目標や夢、理想的なあり方はどうあるべきか。これを考えるのに貴重な時間を使っていきましょう。

苦手な人との付き合い方

職場・学校・習い事、あらゆるコミュニティにおいて誰もが快適に過ごしたいと思うもの。ですが、どんなコミュニティであっても必ず1人は「苦手な人」が存在します。ですが苦手な人とのうまい付き合い方を知ることは当サイトでもお話している「イジメ対策」にも繋がります。どうすればストレスなく苦手な人と共存できるのかを解説していきます。

 

所詮は他人と割り切る

世の中何億という人間がいて、むしろ気の合う人間のほうが珍しいと考えてみましょう。

 

100人いればその人たちの人生も100通り。所詮は全く違う生き方をしてきた他人。相いれないのが普通、デフォルトと考えるのです。

 

どんな人がいても経験・勉強と考えてスルーしてしまいましょう。こっちが考えている以上に向こうはこちらのことを何も考えていません。

 

貴重な人生の時間をそんな相手のために悩むことに使うのはもったいないでしょう。

 

対抗心をモチベーションに変える

むかつく人、信じられない人必ずいるはずです。そういった人への対抗心、むかつくという心を自分の行動のエネルギー源にしてしまうのです。

 

勉強でもダイエットでも健康でも自分1人の力では折れそうになることも多いです。ですが折れそうになった時にむかつく人の顔を思い浮かべてください。

 

「今折れたらあいつにバカにされる!」

 

そう思うと嫌でも自分を行動に持っていくことができます。むしろ苦手な人がいることが人生においてメリットに働くかもしれませんよ。負の感情はプラスの行動に転化できるものなのです。

 

あえて積極的に関わる

苦手な人に対してはどうしても積極的な接触を避けがちです。仕事であっても事務的な関係しかない場合が多いでしょう。

 

ですが、やはりそれでは苦手という意識は変わりません。いっそのことこちらから積極的に関わってみるのもいいかもしれません。

 

・自分から挨拶をする
・笑顔をこころがけて接する
・飲みに誘ってみる

 

まあ無理はいけませんが、積極的に関わることで苦手な部分が目立って見えなかった良い部分も見えてくるかもしれません。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
 
 

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否