登校拒否と不登校の意味合いの違い

<スポンサードリンク>

登校拒否と不登校の意味合いの違い

登校拒否と不登校の意味合いの違い

 

登校拒否と不登校の意味合いの違いを解説しています。

 

登校拒否と不登校の違い

どちらも学校に行かなくなった子供という意味合いでは共通していますが、原因部分を見るとかなり質が異なることがわかります。

 

登校拒否

●登校拒否の意味合いは、本心では行かなければいけないとわかっているのだがいじめや嫌がらせ、人間関係など様々な原因で学校に対する拒否反応を示している場合に用いられる。

 

●学校恐怖症という呼び方もする。

 

●支度をするけど家を出ようとすると途端に拒否反応が出たりすることも。

 

●メンタルがかなりのダメージを受けている状態でもある。

 

●登校拒否は心の傷・トラウマが原因となって起きるので、かなり気長なケアが必要になることが多い。

 

不登校

●不登校の場合はたんにサボりの意味合いで使われることが多い。

 

●原因としては親や教師への反抗であったり、学校の体制への反発だったりが多い。

 

●単純に勉強がしたくないというケースも多い。

 

●不登校の場合は親や教師の説得でなんとか登校させられることは多い。

 

●不登校は必ずしもメンタルにダメージを受けているとは限らない。

 

●病気や経済的な理由で登校できない場合は不登校にはあたらない。

 

まあ色々挙げましたが実際はほとんど同じ意味で用いられることが多いですね。あまり違いを気にすることもないかもしれません。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

登校拒否の症状
登校拒否の子供にありがちな症状の具体例を紹介しています。またそうした症状が起こるきっかけについても紹介しています。
登校拒否の原因
登校拒否になってしまう原因にはどういったものがあるのでしょうか。原因を知ることで子が登校拒否になることを未然に防ぐことができます。
登校拒否の小学生への親の対応
登校拒否の小学生に対して親はどのような対応をするべきなのでしょうか。
登校拒否の中学生への親の対応
登校拒否の中学生に対する対応を紹介しています。きれいごとは一切なしの具体的で現実的な内容です。親としてどうしてあげるのが子供にとって一番良いのか・・・。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否