登校拒否の中学生への親の対応

<スポンサードリンク>

登校拒否の中学生への親の対応

登校拒否の中学生への親の対応

 

登校拒否の中学生に対する対応を紹介しています。きれいごとは一切なしの具体的で現実的な内容です。親としてどうしてあげるのが子供にとって一番良いのか・・・。

 

登校拒否の中学生に対する対応まとめ

●登校拒否の学生に「学校へ行きなさい」は言ってはいけない言葉。

 

●子供は最終手段として「登校拒否」という選択をした。行けといわれれ続ければやむなく行くかもしれないが根本的な解決にはならない。

 

●不登校は甘えでもサボりでもないので不登校を責めないこと。

 

●不登校というのは誰にも迷惑をかけていない。子供が罪悪感を持っているようならそんな必要はないと教えてあげよう。

 

●中学生なんて人生の前半の前半部分であり、この時期不登校になったからといって将来が暗くなるなんて決してないのである。

 

●いきなり学校に行くという高いハードルを越えさせることはない。

 

●フリースクールへの転校を考えるのもいい。

 

●中学校の場合は学力制の高校と違って転校が容易にできる。

 

●親が味方になることが大前提。

 

●学校や教育委員会に相談しにいく。

 

●心理療法士に診てもらう。

 

●無理して学校にいかなくても今は通信教育も充実しているので学力面はどうにでもなる。

 

●中学時代なんて大して重要ではない。中学に行きたくないなら行かなくてもいいので次の高校というステージの為に準備を整えるほうが重要である。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

登校拒否の症状
登校拒否の子供にありがちな症状の具体例を紹介しています。またそうした症状が起こるきっかけについても紹介しています。
登校拒否の原因
登校拒否になってしまう原因にはどういったものがあるのでしょうか。原因を知ることで子が登校拒否になることを未然に防ぐことができます。
登校拒否と不登校の意味合いの違い
登校拒否と不登校の意味合いの違いを解説しています。
登校拒否の小学生への親の対応
登校拒否の小学生に対して親はどのような対応をするべきなのでしょうか。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否