登校拒否の症状

<スポンサードリンク>

登校拒否の症状

登校拒否の症状

 

登校拒否の子供にありがちな症状の具体例を紹介しています。またそうした症状が起こるきっかけについても紹介しています。

 

登校拒否症とは

●登校拒否症というのは学校に行きたくても行けない精神状態のことである。イジメや人間関係のストレスなど人それぞれ発症原因は異なる。

 

●何らかの情緒障害が原因で長期にわたって学校にいけない症状である。

 

●学校恐怖症ともいわれている。

 

登校拒否症の症状

●朝になると不安から吐き気や頭痛を発症することが多い。

 

●午前中は具合が悪く、夕方になると治まってくる。

 

●学校にいく準備はするが出る直前で拒否反応がでてしまうことも。

 

●登校時にパニックを発症することが多い。ストレスや不安が限界に達している証拠である。

 

●親が無理やり連れて行こうとすると狂ったように暴れる。泣き叫ぶなどのパニック状態。

 

●長期の登校拒否になるまでは体調不良を理由に頻繁に安むことが多くなる。

 

●学校を休むのが慢性化してしまうとしだいに学校に行きづらくなり登校拒否症へと繋がる。

 

●人との関わりが隔絶された状態が長く続けば続くほど、人との接触を避けるようになる。

 

●人とのコミュニケーションがとれなくなり、自信のなさからくる無気力からますます外に出たくなくなるという悪循環になってしまう。

 

登校拒否症の原因

●いじめや体罰、友人関係、進学後急変した環境へのストレスなどから発症することが多い。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

登校拒否の原因
登校拒否になってしまう原因にはどういったものがあるのでしょうか。原因を知ることで子が登校拒否になることを未然に防ぐことができます。
登校拒否と不登校の意味合いの違い
登校拒否と不登校の意味合いの違いを解説しています。
登校拒否の小学生への親の対応
登校拒否の小学生に対して親はどのような対応をするべきなのでしょうか。
登校拒否の中学生への親の対応
登校拒否の中学生に対する対応を紹介しています。きれいごとは一切なしの具体的で現実的な内容です。親としてどうしてあげるのが子供にとって一番良いのか・・・。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否