ストレスが溜まると出る症状

<スポンサードリンク>

ストレスが溜まると出る症状

ストレスが溜まると出る症状

 

ストレスが溜まると、自分の身体にどんな症状が現れるのかまずそれを知っておきましょう。

 

「イライラする」「ストレスが溜まる」とは良く聞く言葉ですが、これは具体的には体の自律神経のバランスが崩れている状態、つまり緊張状態のことを指します。

 

まず自律神経が緊張すると血管の収縮を引きおこしますから血行が悪くなってしまいます。

 

血行が悪くなると人間は不調になります。症状は人それぞれで首や肩のこりに頭痛、イライラ感、無気力感、不眠、脱毛などなど様々です。

 

ストレスで髪の毛が抜けるというのは男女ともにに多いのですが、これはストレスにより血行が悪くなったことにより髪にまで栄養が回らなくなっているのです。

 

これらの症状を対処せずに放置しておくとうつ病やパニック障害などの病気にまで発展してしまうわけです。

 

ストレスは心の持ちようを変えたり、うまく発散させる術をもつことにより減少させることが可能なので安心してください。

 

早わかりストレス診断チェック

ここでは自分が高いストレス状態にあるのかどうかの診断をできるように全部で25の項目を設けました。

 

もしも1/3以上当てはまるようならばストレスによる症状がいつでてもおかしくない状態です。

 

1.気分が暗い
2.朝はスッキリしている方だ
3.ちょっとしたことで傷つく
4.不眠気味だ
5.食欲がない
6.性欲がない
7.常に無気力だ
8.便秘気味だ
9.すぐに疲れる
10.夢がない
11.自分が価値のない人間だと感じる
12.今の生活に満足していない
13.死にたい、いなくなってしまいたいと考えることがある
14.あがり症だ
15.常に不安でいっぱいだ
16.忘れっぽい

17.コミュニケーション下手が悩みだ
18.行動力がない
19.自分が他人にどう見られているのか凄く気にする
20.体調をよく崩す
21.怒りっぽい
22.人間関係に悩んでいる
23.無理してキャラを作っている
24.常にマイナス思考だ
25.自分が多くの他人より劣っていると感じている

 

 

いかがでしたでしょうか?当てはまる項目半分近くあったならばあなたは何らかの対策をたてたほうが良いと思います。

 

放置しておくとうつ病や脱毛症状、パニック障害につながりかねません。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ストレスで夜眠れない場合の対処法
睡眠時間は人間がその日一日に受けたストレスをリセットしてくれる貴重な時間です。 睡眠時間が不足していると精神的にも身体的にもダメージの修復が不十分のまま次の日活動することになるので、日常に支障が出てしまいます。
ストレスで寿命が縮むって本当?
近年の研究でストレスは寿命と密接な関係にあることが明らかになっています。
ストレスで引き起こされる病気
ストレスは体の健康を司る自律神経系の働きを低下させて、様々な病気を引き起こします。
ストレスと血圧の関係
ストレスが血圧を上げてしまうしまう最大の理由には自律神経が関係しています。ストレスを溜めるということは自律神経のバランスを崩し、血管の収縮を引き起こしてしまいます。
ストレスによる不眠解消法
嫌なことがあったら「寝て忘れろ」とはよく言いますがじつはこれ本当で、睡眠はストレス解消に実に効果的だと言われています。
ストレスによる鬱症状の改善
鬱病は気持ちが沈んだり、感情の起伏がなくなったり、それらを何とかしようという気力すら無くなってしまうような状態を指します。
老化促進の原因はストレス?
老化は日々のライフスタイルや病気への免疫力、ストレスに深く関係しており、中でもストレスは他の2つに密接な繋がりをもってしまうので、ストレスを溜めてしまうと病気に対する免疫低下やライフスタイルの崩れに繋がりかねません。
長生きの人ほどストレスがない
ストレスを溜めこんだ生活をずっと続けていると健康面に良くないのは間違いありません。 鬱病による睡眠不足、食欲不振はもちろん体作りの阻害になりますし、鬱症状にありがちな無気力は行動する意思を奪います。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否