ストレスで夜眠れない場合の対処法

<スポンサードリンク>

ストレスで夜眠れない場合の対処法

ストレスで夜眠れない場合の対処法

 

睡眠時間は人間がその日一日に受けたストレスをリセットしてくれる貴重な時間です。

 

睡眠時間が不足していると精神的にも身体的にもダメージの修復が不十分のまま次の日活動することになるので、日常に支障が出てしまいます。

 

寝るという行為はストレスだけでなく、人間の健康や見た目など様々な点でメリットがあることを知っておきましょう。

 

そこで睡眠時間をできるだけ多く確保するための睡眠の質向上法を紹介したいと思います。

 

1、まず体内時計を一度正常に戻そう

夜更かしなどして体内時計が狂っていたり昼夜逆転してしまってたりするとどうしても夜なかなか眠れません。なので朝起きたらまず日の光を浴びて体をたたき起こしてください。

 

お昼眠くても体内時計が戻るまでは15分から30分程度の仮眠に抑えましょう。

 

日の光は家の中の光より何倍もの強さがあるので、目ざましとしてはどんな目覚まし時計よりも効果的です。

 

2、寝る前にPCやテレビを見ない

寝る前に光を発するデバイスを見てしまうと体は疲れていても脳は起きてしまいます。PCやテレビの時間は寝る3時間前には終了しましょう。お風呂に入った後は心地いい眠気がやってくるので、寝るタイミングとお風呂の時間を合わせるのも良いかもしれませんね。

 

 

3、午前中に運動をする

午前中に運動するとその日は一日体が起きて夜になったらぐっすり眠れるようになります。つまり途中昼寝などをしてしまって夜眠れなくなるというようなことを防いでくれるのです。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ストレスが溜まると出る症状
ストレスが溜まると、自分の身体にどんな症状が現れるのかまずそれを知っておきましょう。 「イライラする」「ストレスが溜まる」とは良く聞く言葉ですが、これは具体的には体の自律神経のバランスが崩れている状態、つまり緊張状態のことを指します。
ストレスで寿命が縮むって本当?
近年の研究でストレスは寿命と密接な関係にあることが明らかになっています。
ストレスで引き起こされる病気
ストレスは体の健康を司る自律神経系の働きを低下させて、様々な病気を引き起こします。
ストレスと血圧の関係
ストレスが血圧を上げてしまうしまう最大の理由には自律神経が関係しています。ストレスを溜めるということは自律神経のバランスを崩し、血管の収縮を引き起こしてしまいます。
ストレスによる不眠解消法
嫌なことがあったら「寝て忘れろ」とはよく言いますがじつはこれ本当で、睡眠はストレス解消に実に効果的だと言われています。
ストレスによる鬱症状の改善
鬱病は気持ちが沈んだり、感情の起伏がなくなったり、それらを何とかしようという気力すら無くなってしまうような状態を指します。
老化促進の原因はストレス?
老化は日々のライフスタイルや病気への免疫力、ストレスに深く関係しており、中でもストレスは他の2つに密接な繋がりをもってしまうので、ストレスを溜めてしまうと病気に対する免疫低下やライフスタイルの崩れに繋がりかねません。
長生きの人ほどストレスがない
ストレスを溜めこんだ生活をずっと続けていると健康面に良くないのは間違いありません。 鬱病による睡眠不足、食欲不振はもちろん体作りの阻害になりますし、鬱症状にありがちな無気力は行動する意思を奪います。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否