イジメの解決方法.com

<スポンサードリンク>

気分が落ち込む時の対処法

気分が落ち込む時の対処法

 

それは過ぎ去った過去のことやこれからある嫌なことを考えるとどうしようもなく気分が落ち込む時ってありますよね。

 

人は誰しも多かれ少なかれ人生の中で心に傷を負います。心の傷は一生の傷と言うように、その傷がふとしたきっかけで突然痛み出すなんていうのは良くあることです。

 

私も今や大昔の中学時代のことを思い出して物凄く憂鬱になったりするものです(笑)

 

ですが昔の傷は消えないけど緩和することはできます。

 

私は中学時代楽しい記憶より、憂鬱だった記憶しかありません。

 

卒業しても何年かはその記憶がフラッシュバックされ(何があったんだという感じですよね(笑))傷か痛むことはしょっちゅうでした。

 

ですがそんな時でも私の憂鬱な気持ちを支えてくれたのが「思考停止する」「好きなことを全力でやる」「目標を持つ」の3本柱です。

 

これらを意識して実行する習慣ができた今は昔の記憶に苛まれることが殆どなくなりました。

 

「昔に縛られて生きたくない」と考えが自分の中に定着したからです。

 

過ぎ去った過去はもう存在しない。何も怖くない。だから自分のことに集中する。

 

気持ちが沈んだときはそう自分に言い聞かせましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

人生成功に導くマインドセット
「自分は失敗ばかり・・・」と将来を悲観しないでください。 もし今あなたが仕事や学校、就職活動、恋愛、結婚などなどでうまくいっていないとしたら、今は充電期間と考えてください。
人生逃げても良い
日本にはあまり良くない美徳がありますよね。 それは「耐え忍ぶこと」が美しいとされていることです。 どうも今の仕事が嫌で嫌で辞めたくて仕方のない人が転職に踏み切れないのはこの考え方にも原因があるようです。
人目を気にしない様になる方法
他人の視線が気になって気になって仕方のない性質というのはどう考えてもストレスになりますし、克服したいですよね。 視線恐怖症を克服するには、自分の根本にある考えを変えることが大切です。
前向きな人間になるには
ポジティブになる上で心に刻んでおいて欲しい言葉が3つあります。5分程度です。 読み終わる頃には大分心が楽になっているはずです。
妥協と諦めは違う
「諦め」と「妥協」では一般的な意味合いが違います。
完璧主義を治す方法
完璧主義の人はどうしても損をしてしまう傾向があります。 なんでもかんでも完璧を求めるがゆえに色んなことに手が回らずに結果的に、完璧とは程遠い人間になってしまいます。
容姿がコンプレックスな方へ
自分の見た目に自信がなくて、いつも周りの目を気にしながら生活している人は結構多いと思います。 ですがタイトル通りで容姿にコンプレックスを感じる必要はありません。
将来が不安な時の気持ちの落ち着かせ方
「不安」とは心が落ち着かない不安定な状態のことを言いますから長い間続くとストレスになりますし、集中力も落ちて日常にも支障をきたします。ではどうすればいいか?
弱いメンタルを鍛えるには?
メンタル面が弱いとどうしてもストレスを溜めこみやすい傾向になってしまうものです。 失敗したらどうしよう、嫌われたらどうしよう、などなどやる前にあれこれ気にしてしまいどうにも緊張してしまう・・・こんな悩みは誰しも解決したいですよね。
後悔を辞めるには
あのときこうすれば良かった、ああすれば良かったああしなければこうしなければ・・・こういう考え方は 辞めましょう。
性格を変える方法
自分を変えるというのは自分の性格を変える、ということとはイコールではないと思ってください。
自信を持つ必要はない
どんなときでも自信がない自分を恥じてはいませんか? もしあなたが無理して自信を持てる自分をつくろうとしているのなら、そんな必要はありません。
自分の価値観を広げよう!
ストレスを溜めこみやすい人は、自分の中で「これは悪」「これは善」といった明確な価値観を持っている場合が多いです。 だからこそ他人との間に軋轢を感じ、価値観の違いにストレスを溜めてしまうのです。
自分勝手になる方法
良い人ほどストレスを溜めこみやすいものです。 ストレスを溜めやすい人は相手に気を使いすぎる傾向があります。
良い人を辞める方法
「良い人」であることは、色々損をします。 例えばやりたくない頼みごとをされても断れないとか、嫌なことを素直に嫌と言えないだとか、ストレスの溜まる人間関係を強いられてしまいます。
被害者意識を治すには
ストレスを溜めやすい人や、人間関係などにうまくいかず塞ぎこんでしまっている人は、おそらく自分が酷く不遇な環境に生まれ不遇な人生を歩んでいるように感じてしまっていることでしょう。ですがそれは違います。
過去のトラウマを克服する治療法とは?
過去に受けた傷は深ければ深いほどトラウマとして心に残り続けます。 残念ながら心の傷を完全に治療する方法はまだ見つかっていません。
高いプライドは直すべき?
プライドが高い人は通常よりストレスを溜めがちです。 割と多くの人は学歴、年齢、身分、容姿、仕事上の役割など様々な要素が自分と相手の上下関係を無意識のうちに作りだしプライドを形成しています。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否