イジメの解決方法.com

<スポンサードリンク>

視線恐怖症で仕事ができない

視線恐怖症で仕事ができない

 

視線恐怖症になると仕事に差し支えてしまいます。視線恐怖症とはなんなのか、どうすれば仕事に影響を与えないレベルまで改善させることができるのでしょうか。

 

視線恐怖症とは

視線恐怖症というのは自分が他の人から見られているように感じてしまう疾患です。視線が気になって緊張してしまう、行動がぎこちなくなる、何事にも集中力がなくなるなどの特徴があります。

 

実際には見られていない場合がほとんどなのですが、視線恐怖症の人は自分が他者にどう見られているのかを過剰に気にしすぎてしまうきらいがあります。

 

このような心理状態にさせるのはおそらく自分の中の劣等感、コンプレックス、自信のなさ・・・。

 

こういった心理は多かれ少なかれ誰でも持ち合せているものですが、仕事や日常生活にまで差し支えるレベルになってくると「疾患」と認識したほうがいいでしょう。

 

視線恐怖症で仕事ができない

視線に対する恐怖は仕事の上では弊害にしかなりません。

 

会社ではプレゼンや朝礼などで人前に出なければいけない機会もあるでしょうし、何より視線で集中力が削がれたら仕事の能率が下がってしまいます。

 

それで業務上のミスを繰り返し、社内できまずくなると視線恐怖症はますます悪化してしまいます。

 

それで会社をやめてしまい、ひきこもりになってしまったという話も聞きますので、視線恐怖症は、心理療法士や精神科医が示す明確な治療方針を元に治療に取り組む必要があります。【関連記事:視線恐怖症の治し方

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

視線恐怖症の原因
人目に対し緊張したり恐怖を感じて、ストレスを感じてしまう疾患視線恐怖症。その原因は何にあるのでしょうか。
視線恐怖症を克服する方法
視線恐怖症を克服する方法を紹介しています。
視線恐怖症を診断チェック
あなたが視線恐怖症かどうか診断してみましょう。様々な症例を元にチェックシートを作ってみました。
イケメンが視線恐怖症になる理由
イケメンであるからこそ視線を集めてしまい、視線恐怖症になってしまう人もいるようです。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否