引きこもりと不登校の違い

<スポンサードリンク>

引きこもりと不登校の違い

引きこもりと不登校の違い

 

引きこもりと不登校の違いについて解説しています。この二つは似たような意味として使われがちですが、それぞれ定義は異なります。

 

不登校の定義

文部科学省が定めるところによれば不登校とは

 

「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しない、あるいはしたくともできない状況にあるため年間30日以上欠席した者のうち、 病気や経済的な理由による者を除いたもの」

 

と定められています。

 

引きこもりの定義

厚生労働省が定めるところによれば引きこもりとは

 

「自宅にひきこもって学校や会社に行かず、家族以外との親密な対人関係がない状態が6ヶ月以上続いており統合失調症(精神分裂病)やうつ病などの精神障害が第一の原因 とは考えにくいもの」

 

と定められています。

 

単に家から外出しないことを引きこもりと定めているのではなく、うつ病のような精神疾患の場合には引きこもりの定義からは除外されます。
あくまで外出しようと思えば外出できるのにも関わらず長期間にわたって外出しない人間を指して引きこもりとしているようです。

 

まあ引きこもりというのはいうなれば不登校の一部ということですね。

 

不登校の児童の多くは引きこもり気味になりがちです。

 

ただ不登校の子どもを引きこもらせておくことは無気力に拍車をかけてますます復帰が遅れる原因になります。親はできるだけ子供を外に連れていくようにしたほうがいいでしょう。

 

※もちろん不登校の子供全部が引きこもっているわけではありません。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

不登校の原因が教師にあるケース
不登校になる原因として教師の対応が事例としてあげられることも多いですよね。教師が子供を不登校にしてしまう理由についてデータをまとめました。
不登校の原因は家庭環境にある?
いじめは現在多様化しており決定的な解決策を一個上げることなどできません。広い視点で多角的に原因を分析し、問題の解決にあたる必要があります。「イジメの解決方法.com」トではイジメ問題の解決方法を様々な観点から紹介しています。
不登校の原因は母親にある?
不登校の原因というのは母親にあるのでしょうか。
不登校の原因は実は病気にあった?
不登校の原因は「起立性調節障害」という病気にあるのかもしれません。起立性調節障害の症状や治療法について解説しています。
不登校の中学生の原因
中学生で不登校になる児童は非常に多いです。その原因はどんなところにあるのでしょうか。
不登校大学生が増えている原因
最近は大学で不登校になってしまう人が増えているですが、自立していてもおかしくない大学期で不登校になってしまうのはどういった原因が考えられるのでしょうか。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否