不登校の原因は実は病気にあった?

<スポンサードリンク>

不登校の原因は実は病気にあった?

不登校の原因は実は病気にあった?

 

不登校の原因は「起立性調節障害」という病気にあるのかもしれません。起立性調節障害の症状や治療法について解説しています。

 

起立性調節障害ってどんな病気?症状は?

●全ての不登校が病気が原因というわけではない。

 

●不登校になり得る病気というのは存在し「起立性調節障害」と呼ばれている。

 

●健常者の場合寝ている状態から起きあがった時に血液は重力で下半身に流れていき、その後自律神経が働き下半身の血管や筋肉を収縮させることで血圧を上げていく。この機能により「目覚め」が得られ行動する気力がわくのである。

 

●だが起立性調節障害の場合はこの機能が働かず起きても血圧が上がらず脳の血液が不足してしまう。結果いつまでも眠気が続いたり、無気力や頭痛にも繋がり学校に行く気力などなくなってしまう。

 

●起立性調節障害には以下のような様々な症状が現れる傾向にある。不登校でなくともこういった症状が見られる場合は要注意である。

 

  • 朝に極端に弱く午前中の調子が悪い
  • 食欲がない
  • 起きあがった時に立ちくらみがする。
  • 少し動いただけで鼓動が激しくなり息切れする。

 

 

起立性調節障害の治療法とは

●起立性調節障害を治す方法としては自律神経の働きを正常化させる、もしくは血圧低下を防ぐための治療が必要になる。

 

●朝日を浴びて交感神経を活発化させることで自律神経は働く。

 

●規則正しい生活リズムの回復は必要不可欠。

 

●低血圧は水分が不足気味なので水を毎日1.5リットルは飲むようにする。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

不登校の原因が教師にあるケース
不登校になる原因として教師の対応が事例としてあげられることも多いですよね。教師が子供を不登校にしてしまう理由についてデータをまとめました。
不登校の原因は家庭環境にある?
いじめは現在多様化しており決定的な解決策を一個上げることなどできません。広い視点で多角的に原因を分析し、問題の解決にあたる必要があります。「イジメの解決方法.com」トではイジメ問題の解決方法を様々な観点から紹介しています。
不登校の原因は母親にある?
不登校の原因というのは母親にあるのでしょうか。
引きこもりと不登校の違い
引きこもりと不登校の違いについて解説しています。
不登校の中学生の原因
中学生で不登校になる児童は非常に多いです。その原因はどんなところにあるのでしょうか。
不登校大学生が増えている原因
最近は大学で不登校になってしまう人が増えているですが、自立していてもおかしくない大学期で不登校になってしまうのはどういった原因が考えられるのでしょうか。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否