不安障害の治療方法

<スポンサードリンク>

不安障害の治療方法

不安障害の治療方法

 

不安障害の治療方法を紹介しています。不安障害と一口にいっても人それぞれ原因も症状も違うので治療方法も異なってきます。

 

不安障害の治療の基本方針

不安障害の治療には主に心理療法と薬物療法の2種があります。ですがいきなり薬物療法を選択することはほとんどありません。まずは心理療法で不安障害の原因を取り除いていくことが推奨されます。

 

心理療法について

心理療法士の明確な根拠に基づいた心理的療法が行われます。不安障害の度合いに関わらずまずこの心理療法から始めるのが基本です。心理療法だけでは十分な効果が得られないと判断されれば薬物療法や漢方薬での治療を行います。

 

薬物療法について

抗うつ剤(SSRI)の服用やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)の服用が有効であるとされています。ただこれえらの薬の服用は離脱と有害事象が生じるリスクがあるとされており、こういったことも心理療法が優先される理由となります。

 

漢方薬

不安障害には柴胡加竜骨牡蛎湯・、抑肝散・加味逍遥散・半夏厚朴湯といった漢方薬が有効だとされています。パニック障害には甘麦大棗湯、神経過敏には柴胡系がとくに効果的だそうです。

 

カフェインの除去

不安障害の原因とは?】でカフェインが不安障害の原因になることもあるとお話しました。実際カフェインを中止することで不安が緩和された例があるようです。【参考文献: management of anxiety disorders

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

不安障害の原因
過剰な心配や不安を感じてしまう不安障害の原因を紹介しています。
不安障害の種類
不安障害というのは過剰な心配や不安を感じてしまう精神障害のことです。パニック障害、社交不安障害、強迫性障害など複数の種類がありそれぞれ原因や症状は異なります。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否