不安障害の種類

<スポンサードリンク>

不安障害の種類

不安障害の種類

 

不安障害というのは過剰な心配や不安を感じてしまう精神障害のことです。パニック障害、社交不安障害、強迫性障害など複数の種類がありそれぞれ原因や症状は異なります。

 

パニック障害

極度の不安や恐怖が突如襲ってきて、動悸・めまい・吐き気・呼吸困難といった症状に陥る障害です。何らかの不安や恐怖が原因になっています。

 

広場恐怖症

特定の状況や場所に置かれた時に極度な不安になりパニック障害と同様の症状を引き起こすことがあります。

 

社交不安障害

人前にたったり、話したりするような社交的な状況において発症する不安障害です。舌がもつれて上手く話せなかったり、赤面したり、汗が大量にでたりといった症状が特徴的です。

 

強迫性障害

特定の強迫観念にかられ、それをやらなければパニック障害のような症状を発症する障害です。

 

心的外傷後ストレス障害

過去の恐怖体験によって生じる精神的な傷が原因で起こる不安障害です。戦争体験や自然災害、いじめなどがこの障害の原因になることが多いです。

 

分離不安

特定の人や場所から離れた時に生じる極度な不安です。乳児や子供ではこの分離不安が生じるのは自然なことであり、障害とは認識されません。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

不安障害の原因
過剰な心配や不安を感じてしまう不安障害の原因を紹介しています。
不安障害の治療方法
不安障害の治療方法を紹介しています。不安障害と一口にいっても人それぞれ原因も症状も違うので治療方法も異なってきます。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否