統合失調症とセロトニンの関係性について

<スポンサードリンク>

統合失調症とセロトニンの関係性について

セロトニンという物質をご存知でしょうか。統合失調症などの精神疾患を抱えている方にとっては、なくてはならない物質となっています。では、具体的にどんな役割があるのか、もし、セロトニンがいなくなってしまったら、どんな影響が出てしまうのか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症とセロトニンの関係性をご紹介いたします。

 

セロトニンとは?

セロトニンとは、別名「水酸化トリプタミン」とも呼ばれている化合物です。元々は、自身の気分を高揚させるドーパミンのような物質として考えられてきましたが、実際に脳で活動しているのは全体の2%程で、主には血管を収縮させる能力が優れている、と考えられている物質です。

 

どんな役割があるの?

セロトニンの脳内での役割は、神経間の情報伝達です。脳内の郵便屋さんみたいなものです。
中脳にある神経細胞が本社となり、ほぼ休むことなく働き続けています。仕事内容は、郵便物として投函された情報を、各情報の専門分野の会社にお届けすると云った内容です。
つまり、セロトニンは脳内になくてはならない物質ということです。

 

セロトニンがいなくなるとどんな影響がある?

セロトニンがいなくなるということは、情報を届けてくれる手段がなくなるということです。つまり、自分の行動や気分に大きく関わってきます。

 

具体的に例を挙げると

 

・物事に対する意欲が無くなる
・今までなんとも思っていなかったものに、突然不安や恐怖を感じるようになる
・身体に疲れを感じやすい、身体をぶつけたりするといつも以上に痛みを強く感じる
・夜になっても眠気が襲ってこない、不眠症になりやすい

 

といった影響が、日常的に出やすくなります

 

 

いかがでしたでしょうか。セロトニンは、脳内にはなくてはならない物質ということが分かりましたね。抗精神薬を飲み続けることで、セロトニンは増えると云われているので、今後もお薬を飲み続けるようにしましょう。

 

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

なぜ統合失調症には薬が効かないの?
統合失調症の薬が効かなくて悩んではいませんか?薬が効かないのは症状が進行しているわけではなく、他の病気を発症してしまっているからかもしれません。実は、他の病気を発症してると、実際には薬が効いているのに、効いていないと錯覚してしまう。むしろ、症状が悪化してしまっていると勘違いしてしまうことがあります。では、どうすれば薬が効くようになるか知りたくはありませんか?そこで今回は、薬が効くようになる方法をご紹介いたします。
統合失調症に効く食べ物とは?
統合失調症の方は、ついつい砂糖たっぷりのコーヒーなど糖分とカフェインを、毎日多く摂取してしまっているのではないでしょうか。糖分とカフェインばかりを摂っていても、統合失調症には、いい影響は期待できません。実は、薬だけに頼らずに食べ物を変えるだけで、統合失調症の症状を改善できる可能性があるのです。どんな食べ物か知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症を改善できる可能性のある食べ物をご紹介いたします。
統合失調症の薬の副作用とは?
統合失調症の薬を飲んでいると、どうしても副作用は避けられません。しかし、薬を飲まなければ症状に苦しめられてしまいます。まさに八方塞がりとなってしまっています。もし、副作用を軽減する方法があったら知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症の薬の副作用と副作用を軽減する方法をご紹介いたします。
統合失調症の薬は何種類あるの?
統合失調症のお薬が、症状を抑えるのにいいという話はよく聞きますよね。ところで、統合失調症のお薬は、何種類くらいあるかご存知でしょうか。実は、種類は「向精神薬」というジャンルしかありません。意外と少ないことに驚きですよね。では、具体的にどういったお薬があるか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症のお薬の種類をご紹介いたします。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否