統合失調症に効く食べ物とは?

<スポンサードリンク>

統合失調症に効く食べ物とは?

統合失調症の方は、ついつい砂糖たっぷりのコーヒーなど糖分とカフェインを、毎日多く摂取してしまっているのではないでしょうか。糖分とカフェインばかりを摂っていても、統合失調症には、いい影響は期待できません。実は、薬だけに頼らずに食べ物を変えるだけで、統合失調症の症状を改善できる可能性があるのです。どんな食べ物か知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症を改善できる可能性のある食べ物をご紹介いたします。

 

魚介(魚貝)類、海藻類

魚介類には、感情の高ぶりを抑えリラックス効果をもたらすカルシウムが、豊富に含まれています。しかし、海藻類に含まれているマグネシウムがいないと、最大限に力を発揮することが難しくなってしまいます。そのため、魚介類と海藻類は一緒に食べるようにしましょう。
さらに、魚貝類には神経を正常に機能させる作用のある、ビタミンB12が含まれています。そのため、魚貝類も一緒に食べるようにすると、より一層、統合失調症を改善できる可能性が上がります。

 

野菜

野菜には、現代社会を生きていくうえで必要不可欠な栄養となるビタミンCが、豊富に含まれています。なぜビタミンCが重要な栄養素化というと、ストレス耐性が付くからです。もちろん、ストレスがかかった分だけビタミンCを消費してしまうので、ストレス耐性が弱ければ、多めに野菜を摂取するようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。統合失調症は、海の幸を食べることにより、症状の改善が見込めるということが分かりましたね。今後は、糖分やカフェインを摂取する量を抑えつつ、海の幸を多めに食べるようにしていくといいかもしれませんね。

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

なぜ統合失調症には薬が効かないの?
統合失調症の薬が効かなくて悩んではいませんか?薬が効かないのは症状が進行しているわけではなく、他の病気を発症してしまっているからかもしれません。実は、他の病気を発症してると、実際には薬が効いているのに、効いていないと錯覚してしまう。むしろ、症状が悪化してしまっていると勘違いしてしまうことがあります。では、どうすれば薬が効くようになるか知りたくはありませんか?そこで今回は、薬が効くようになる方法をご紹介いたします。
統合失調症とセロトニンの関係性について
セロトニンという物質をご存知でしょうか。統合失調症などの精神疾患を抱えている方にとっては、なくてはならない物質となっています。では、具体的にどんな役割があるのか、もし、セロトニンがいなくなってしまったら、どんな影響が出てしまうのか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症とセロトニンの関係性をご紹介いたします。
統合失調症の薬の副作用とは?
統合失調症の薬を飲んでいると、どうしても副作用は避けられません。しかし、薬を飲まなければ症状に苦しめられてしまいます。まさに八方塞がりとなってしまっています。もし、副作用を軽減する方法があったら知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症の薬の副作用と副作用を軽減する方法をご紹介いたします。
統合失調症の薬は何種類あるの?
統合失調症のお薬が、症状を抑えるのにいいという話はよく聞きますよね。ところで、統合失調症のお薬は、何種類くらいあるかご存知でしょうか。実は、種類は「向精神薬」というジャンルしかありません。意外と少ないことに驚きですよね。では、具体的にどういったお薬があるか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症のお薬の種類をご紹介いたします。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否