統合失調症の薬の副作用とは?

<スポンサードリンク>

統合失調症の薬の副作用とは?

統合失調症の薬を飲んでいると、どうしても副作用は避けられません。しかし、薬を飲まなければ症状に苦しめられてしまいます。まさに八方塞がりとなってしまっています。もし、副作用を軽減する方法があったら知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症の薬の副作用と副作用を軽減する方法をご紹介いたします。

 

副作用の代表的な種類「錐体外路(すいたいがいろ)症状」

錐体外路症状とは、統合失調症における代表的な副作用の症状です。以下の3種類に分けられます。

 

・アカシジア
手足に違和感を覚えて、落ち着いていられなくなる症状があります。

 

・ジストニア
奇妙な筋肉の動きをしたり、言葉が上手く喋れなくなる症状があります。
症状が現れる時期としては、飲み始めて間もない時期と長期服用中に発生することがあります。

 

・ジスキネジア
自分の意志とは関係なく、手や足が勝手に動いてしまう痙攣しているかのような書状が現れやすいと云われています。長期服用中に症状が発生することが多いため「遅発性ジストリア」と呼ばれることもあります。

 

副作用を軽減する方法とは?

副作用を軽減する方法は一つです。それは、薬の副作用が出たとしても、身体に適応しきっていないだけなので、適応するまで飲み続けるという方法です。向精神薬によっては、副作用が軽減されるように作られた第二世代向精神薬もあるので、そちらを試してみても良いかもしれません。
薬が辛いからといって服用を止めてしまうと、統合失調症事態の症状が悪化してしまい兼ねないのです。そのため、必ず飲み続けるようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。副作用が出てしまうことは辛いことですが、他の病気に対するお薬でも、副作用は出ています。もし、薬を服用していて違和感を覚えたら、すぐに病院を受診して相談するようにしましょう。

 

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

なぜ統合失調症には薬が効かないの?
統合失調症の薬が効かなくて悩んではいませんか?薬が効かないのは症状が進行しているわけではなく、他の病気を発症してしまっているからかもしれません。実は、他の病気を発症してると、実際には薬が効いているのに、効いていないと錯覚してしまう。むしろ、症状が悪化してしまっていると勘違いしてしまうことがあります。では、どうすれば薬が効くようになるか知りたくはありませんか?そこで今回は、薬が効くようになる方法をご紹介いたします。
統合失調症とセロトニンの関係性について
セロトニンという物質をご存知でしょうか。統合失調症などの精神疾患を抱えている方にとっては、なくてはならない物質となっています。では、具体的にどんな役割があるのか、もし、セロトニンがいなくなってしまったら、どんな影響が出てしまうのか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症とセロトニンの関係性をご紹介いたします。
統合失調症に効く食べ物とは?
統合失調症の方は、ついつい砂糖たっぷりのコーヒーなど糖分とカフェインを、毎日多く摂取してしまっているのではないでしょうか。糖分とカフェインばかりを摂っていても、統合失調症には、いい影響は期待できません。実は、薬だけに頼らずに食べ物を変えるだけで、統合失調症の症状を改善できる可能性があるのです。どんな食べ物か知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症を改善できる可能性のある食べ物をご紹介いたします。
統合失調症の薬は何種類あるの?
統合失調症のお薬が、症状を抑えるのにいいという話はよく聞きますよね。ところで、統合失調症のお薬は、何種類くらいあるかご存知でしょうか。実は、種類は「向精神薬」というジャンルしかありません。意外と少ないことに驚きですよね。では、具体的にどういったお薬があるか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症のお薬の種類をご紹介いたします。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否