統合失調症が再発する原因とは?

<スポンサードリンク>

統合失調症が再発する原因とは?

症状が収まって安心していたのに、最近また症状が出てきた。統合失調症をお持ちの方で、こういった経験をされている方は、たくさんいらっしゃいます。俗に言う、再発です。実は、統合失調症は5年以内に再発してしまう確率が、大変高い病気です。では、なぜ再発する確率がそんなに高いのか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症が再発する原因についてご紹介いたします。

 

自分が病気の当事者という意識が薄い

再発する原因として挙げられるのは、自分は統合失調症だということに気付いていない、または統合失調症だという意識が薄いことにあります。
どういうことかといいますと、幻聴や幻覚が現れたとしても、当事者が「これは現実に起きていることなんだ」と思い込んでしまえば、他の人も聞こえている音・見えている物と思ってしまい、病気とは思わなくなります。つまり、自分が統合失調症だと気付くことがないので、病院に行く機会を失ってしまうのです。
そのため、まずは自分自身の症状を理解して受け止め、病院を受診するようにしましょう。

 

薬で予防をしているという意識が大切

統合失調症の方に限ったことではないのですが、例えば、ちょっと風邪を拗らせてしまった、怪我をしてしまったという場合に、早く治すためにお薬をもらいますよね。ですが、
大抵の方は症状が収まると、残りの薬は飲まなくなることが多いですよね。
実は、統合失調症の場合は逆なのです。風邪などのように症状が出てから完治に向かうようにするのではなく、既に発症している病気の症状を抑えるために、薬を飲んでいるのです。つまりは、お薬で症状の予防をしていることになります。
そのため、薬は症状が収まってからも予防のために、半永久的に飲み続ける必要があるのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。統合失調症の症状は、再発を防ぐために毎日の努力が欠かせません。ですが、言い換えれば努力をし続けていれば、再発率が大変高いと云われている統合失調症の症状を抑えることが出来るのです。
これ以上、症状を悪化させないためにも、再発予防を怠らないようにしていきましょう。

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

統合失調症になる原因ときっかけとは?
昔から相手の話していることが理解しづらい、物心ついた時から幻聴や幻覚といった症状があるなどという方はいますでしょうか。実は、上記の症状は統合失調症の疑いがあります。また、人生の転機にも、統合失調症の症状が現れやすいと云われています。では、なぜ統合失調症の症状が現れるのか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症が起こる原因やきっかけについてご紹介いたします。
統合失調症における定義と特徴とは?
統合失調症という病気をご存知でしょうか。認知度は低いですが、周囲の人の支えがなくてはならない病気の一つです。皆さんの周りに、明らかに落ち着きがない・幻聴が聴こえる・絡んでいて何か違和感を覚えるという人はいないでしょうか。もしかしたら、その人は統合失調症かもしれません。そこで今回は、統合失調症の定義と特徴をご紹介いたします。
統合失調症は遺伝に原因があった?
統合失調症の原因は遺伝でしょ?と思われている方が、ほとんどです。実は、親から子に遺伝はしますが、症状自体を遺伝するわけではないのです。では、なぜ統合失調症の原因が遺伝だと言われ続けているか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症の遺伝の原因と予防法をご紹介いたします。
統合失調症はストレスが原因だった?
ストレスが原因で統合失調症が起こるというお話を、聞いたことはありますでしょうか。実は、統合失調症とストレスは深い関係にあります。特に、仕事とプライベートの両方でストレスを感じている人は、より統合失調症になりやすいと云われています。では、統合失調症とストレスにどういった関係性があるのか知りたくはありませんか?そこで今回は、なぜ統合失調症はストレスが原因と云われているかについてご紹介いたします。
統合失調症が発症しやすい年齢とは?
統合失調症は何歳くらいで発症すると思っていますか?生まれたときに、発症するかしないかが決まると思っていませんか?実は、男女ともに発症しやすい年齢が存在します。もし、発症する具体的な年齢が知れたら予防や対処もしやすいですよね。そこで今回は、統合失調症が発症しやすい年齢と対処法をご紹介いたします。
統合失調症とうつ病の違いとは?
統合失調症とうつ病はよく間違われやすい病気です。2つの病気は似てはいますが、症状に違いがあります。もし、統合失調症とうつ病の違いが簡単に分かるなら知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症とうつ病の症状の違いについてご紹介いたします。
統合失調症とてんかんは合併するの?
統合失調症とてんかんは、非常に関係が深い病気です。両方発症してしまうと、日常生活に支障をきたしかねないと同時に、悪循環に陥ってしまいがちです。そこで今回は、統合失調症とてんかんが合併して発症してしまったら、どうなってしまうのかを具体的にご紹介いたします。
統合失調症とアスペルガーの違いとは?
統合失調症とアスペルガー症候群といった発達障害は、症状が似ていることが多く、病院を受診しても誤診を受けることが多いと云われています。もし、簡単に症状の見分けが付けられる方法があるとしたら知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症とアスペルガーの症状の違いをご紹介いたします。
統合失調症とパニック障害の違いとは?
統合失調症とパニック障害の症状のどちらに当てはまるんだろうと、悩まれていませんか?症状は似ていますが、統合失調症特有の症状やパニック障害特有の症状があるのです。では、どういった症状の違いがあるか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症とパニック障害の違いをご紹介いたします。
統合失調症と糖尿病の関係性について
統合失調症の方は、糖尿病になりやすいと云われています。一見、全く関係のない病気に見えますよね。ですが、そこには意外な生活習慣との関係性が潜んでいたのです。しかも、現代社会に生きる人なら、誰もが行っていることなのです。そこで今回は、統合失調症と糖尿病の意外な関係性をご紹介いたします。
統合失調症と脳萎縮の関係性について
統合失調症と脳萎縮には、深い関係があることをご存知でしょうか。統合失調症になりやすい体質は、親からの遺伝で受け継がれることがありますが、なんと、脳萎縮がある方も統合失調症になりやすいと云われているのです。なぜ脳萎縮が統合失調症につながるか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症と脳萎縮の関係性ご紹介いたします。
統合失調症と認知症の違いとは?
統合失調症と認知症の違いが分からないという方は、いらっしゃるのではないでしょうか。実は、統合失調症と認知症には決定的な違いがあるのです。その違いを、知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症と認知症の違いをご紹介いたします。
統合失調症はタバコで悪化するの?
統合失調症の方でタバコを吸う確率は9割以上にものぼると云われており、吸われているほとんどの方がヘビースモーカーになっています。なぜ、そこまでタバコに依存してしまうのか、知りたくはありませんか?そこで今回は、タバコに依存してしまう理由とタバコを吸って症状が悪化してしまう理由をご紹介いたします。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否