統合失調症の検査方法における診断基準とは?

<スポンサードリンク>

統合失調症の検査方法における診断基準とは?

統合失調症を判断する検査方法があることをご存知でしょうか。病院を受診した際に、検査を勧められると思いますが、大抵は皆さん同じ検査を受けることになります。どういった検査内容なのか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症の診断基準となる検査をご紹介いたします。

 

統合失調症の検査(DSM-IV-TR)

検査名を日本語に訳すと、精神障害者の診断と統計の手引きとなります。この検査は、アメリカにある精神医学の学会が定めた、世界中で使用されている精神障害者のための診断基準となります。
この検査により、医師の独断で統合失調症かどうかを決められることはなくなりました。つまり、主観ではなく客観的に判断しても、この人は統合失調症だと診断が出来るようになったのです。

 

診断基準とは?

この検査における診断基準は、統合失調症の各周期における症状が、2つ以上確認が取れて、尚且つ仕事に支障をきたしていると判断された状態が、少なくとも半年以上続いている場合には、統合失調症の疑いがあるという検査です。

 

各項目を挙げると以下の通りになります。

 

・状況把握をする力・物事を正確に理解できる力があるか
・仕事に支障をきたすほど機能が低下しているか(対人関係が上手く築けるかどうか)
・上記の症状が長期間(最低6カ月以上)続いているか
・感情表現が出来ているか・常に気分が落ち込んでいないか

 

実際の診断では、上記の内容をさらに深く掘り下げていくので、より正確な診断結果が得られるのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。この検査により、統合失調症の確実な早期発見が可能となりました。早期発見が出来れば、その分早い改善も見込めるので、不安な方は是非とも病院で検査を受けるようにしましょう。

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

統合失調症の治療方法とは?
統合失調症の治療方法は、主となっているものが薬物治療であることはご存知でしょうか。もちろん薬物治療も大事な治療法の一つですが、ある治療と組み合わせることで、効率的な治療を実現させることが出来ます。その治療方法を知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症の効果的な治療方法をご紹介いたします。
統合失調症は何科にかかるべき?
統合失調症に掛かってしまった時、何かを受診すればいいか悩みますよね。また、一概に病院を受診と言っても、どんな病院を受診するのが一番良いのかも分かりませんよね。そこで今回は、何かを受診すれば良いのか、またどういった病院を受診するのが自分のためになるのか等をご紹介いたします。
統合失調症は放置するとどうなるのか?
統合失調症は家族がなってしまうと、現実を受け止めようとせず放置してしまうことがあります。しかし、放置しても改善されることはなく、むしろ悪化する道しか残されていません。そこで今回は、もし統合失調症を放置するとどうなってしまうのかをご紹介いたします。
統合失調症における親の理解の重要性
もし、自分の子供が統合失調症になってしまったら、「なぜうちの子が…」と思ってしまいますよね。未だに社会からの偏見が強い統合失調症ですが、一番辛いのは紛れもなく本人です。しかし、苦しがっている本人をよそに、家族が世間体を気にして隠していたのでは、平行線を辿るだけになってしまいます。そこで今回は、統合失調症に対する親の理解の重要性をご紹介いたします。
統合失調症に対する看護のコミュニケーション方法とは?
看護のお仕事をされている方は、統合失調症の患者さんと上手くコミュニケーションが取れていますか?もし、取れていないという方は、過敏に反応してしまうという統合失調症の方を先入観で判断してしまっているのかもしれません。良いコミュニケーションを取る方法があったら知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症の方に対する看護関係者のコミュニケーション方法をご紹介いたします。
統合失調症の予後について
予後とは、対象となっている病気が辿る経過と結末を指します。統合失調症の予後は、5つの病型に分かれると云われています。ですが、統合失調症に掛かっている人が全て同じ予後を辿るわけではなく全員が違う症状を示すのです。そこで今回は、統合失調症の予後に見せる5つの症状をご紹介いたします。
統合失調症の予防法とは?
統合失調症にはなりたくないですよね。しかし、遺伝による体質や成長してからの外的要因が原因で、誰もが発症してしまう可能性がある病気です。もし、予防方法があるなら試してみたいですよね?そこで今回は、統合失調症の予防法をご紹介いたします。
統合失調症の入院期間はどれくらいかかるの?
統合失調症で入院することになった時に、真っ先に思い浮かぶことは、どれくらい入院しているかですよね。入院期間によっては入院費もバカになりませんし、何よりも先行きの見えない不安に襲われてしまいます。もし、平均的な入院期間があるなら知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症による平均的な入院期間と費用が平均でいくらくらいかかるのかをご紹介いたします。
統合失調症の寿命について
統合失調症の方の寿命が短いというお話は、ご存知でしょうか。実は、統合失調症の寿命が短い原因は、薬にあるのです。平均で、統合失調症の方は、健常者よりも20年前後寿命が短いと云われています。では、なぜ寿命を縮める原因が薬にあるのか、知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症の寿命と薬の関係についてご紹介いたします。
統合失調症の経過について
統合失調症がどのように始まり、どのように終わるかご存知でしょうか。実は、統合失調症にも経過ごとの周期というものが存在します。この周期によって出る症状に変化があるのです。どういった症状か知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症の経過によって現れる症状についてご紹介いたします。
統合失調症はなぜ完治しない?
統合失調症は完治しない病気と云われています。厳しい感じで言われています。実際には、完治する前に無くなってしまうことが多く、健常者よりも20年近く寿命が短いと云われています。では、統合失調症になってしまったら完治が難しいにせよ、どう過ごせばいいのか知りたくはありませんか?そこで今回は、統合失調症はなぜ完治が難しいのか、今後どう過ごせばいいのかをご紹介いたします。
統合失調症は保険が適用されるの?
統合失調症に保険が適用されるのか、不安な方もいますよね。実は、統合失調症の方は保険に入ることが難しいと云われています。じゃあ、保険が適応されない・加入できないとしたらどうすればいいの?という方の為に、今回は、なぜ一般の保険に入れないのか、保険に入れなければどうすればいいのかをご紹介いたします。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否