いじめられたらやり返すべきか

<スポンサードリンク>

いじめられたらやり返すべきか

いじめられたらやり返すべきか

 

いじめられたらやり返すべきなのでしょうか。いじめられた時の正しい対応とは・・・。

 

安易なやられたらやり返すは危険

◎いじめられたらやり返せと子供にアドバイスする大人は少なくない。

 

◎確かに「やられたらやり返す」は人類の争いの歴史において基本中の基本ではある。だがこれはいじめる者といじめられる者においても同じことはいえるのだろうか。

 

◎場合によってはけん制になるかもしれないし、場合によってはエスカレートさせる原因になるかもしれない。そして現代のいじめにおいては後者が圧倒的に多い。これが全てではないだろうか。

 

◎戦争においても先制攻撃をうければ、報復するのは常であるが報復後相手が降伏する場合もあれば、報復が報復をよび大戦争に発展する可能性もある。

 

◎それに近年のいじめは仕返しがしにくいという事情もある。

 

◎直接名前は出さずに悪口を言う、仲間はずれにする、チェーンメール、匿名掲示板での中傷など、近年のいじめは「陰湿」である。

 

◎とくにネットいじめなんかはいじめている相手が誰だかわからないことがほとんどだ。やり返しようがない。

 

現代のいじめには通用しない可能性大

◎やられたらやり返せ的なことを言う人は、昔のジャイアン的ないじめを想像しているのかもしれないが、今のいじめはそれとはまったく性質が異なる。

 

◎今のいじめは大人数で1人を追い詰めるものが多い。

 

◎本来いじめっ子でもない人もいじめる側にいたほうが安全だと、味方になってくれることがない。

 

◎やられたらやり返せは、1対1の時の場合に通用する論理である。

 

◎1対多の状態でそれをやれば、徹底的に痛めつけられ、精神状態を病む可能性もあり非常に危険である。

 

◎現代におけるいじめの解決方法はやはり【いじめの解決方法まとめ】で紹介したような方法が主流である。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

いじめられない方法
中学生や高校生に見てほしいいじめられない方法を紹介しています。いじめを防止するのに学校や保護者が防止策を考えるのはもちろんですが、いじめられないように自己防衛術を個々が身につけるのも非常に大事です。
いじめをなくす為の取り組み
今回はどのようなとりくみがいじめ防止対策になるのか考えていきたいと思います。
イジメに対する親の正しい対応とは
いじめられているわが子に対し、どのような対応をとるのが親として正しいことになるのでしょうか。
イジメ加害者の親の対応
イジメ加害者の親の対応について解説しています。イジメられている子の親がつらいのは勿論ですが、自分の子が加害者であるとわかった時の親のつらさも相当なものでしょう。
子供がいじめられて裁判を起こす為の準備
子供がいじめを受けて心身に深い傷を負わされた場合、裁判で加害者を訴えることができます。今回はその準備や手順を紹介しています。
学校での嫌がらせ対処法
学校での嫌がらせにはどのように対処していけばいいのでしょうか。
学校の体罰対策
学校の体罰問題で教育委員会が面白い対策に着目しています。体罰は学校教育法11条に違反する行為であるだけでなく、児童の心身に傷を負わす教育者として許されない行為です。学校において体罰をふるって懲戒処分をうける教師は少なくありません。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否