いじめられない方法

<スポンサードリンク>

いじめられない方法

いじめられない方法

 

中学生や高校生に見てほしいいじめられない方法を紹介しています。いじめを防止するのに学校や保護者が防止策を考えるのはもちろんですが、いじめられないように自己防衛術を個々が身につけるのも非常に大事です。

 

いじめられない方法

自分磨きをする

人として魅力が多い人というのは尊敬の対象になりいじめられにくいです。何かしら特技を持つことが大切だと思います。勉強・スポーツ・絵・話術・見た目などなどどんな分野でもいいです。

 

見た目を磨く

小学生中学生くらいまでは、見た目というのもかなりいじめの対象になったりします。髪がぼさぼさとか、身だしなみがだらしないとか、靴が汚いとか、体型とか。勿論整形とかは現実的ではないですが、太っているなら痩せることができますし髪も美容院にいけば解決です。できることからやっていきましょう。

 

暗い雰囲気を出さない

いじめられる人の特徴として暗い、おとなしい、自己主張をしないという点が挙げられます。内面はすぐに変えられるようなものではありませんが、できる範囲で少しずつ治すようにしましょう。笑顔を心がけたり、人に積極的に話かけるようにしたり。

 

体を鍛える

体を鍛えるというのは単に肉体を強化するだけではなく、精神面も強化されます。身体を鍛えることで自然とおどおどした態度もなくなり、自分に自信がつくようになります。

 

 

以上いじめられない為の有効な方法を紹介しました。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

いじめられたらやり返すべきか
いじめられたらやり返すべきなのでしょうか。いじめられた時の正しい対応とは・・・。
いじめをなくす為の取り組み
今回はどのようなとりくみがいじめ防止対策になるのか考えていきたいと思います。
イジメに対する親の正しい対応とは
いじめられているわが子に対し、どのような対応をとるのが親として正しいことになるのでしょうか。
イジメ加害者の親の対応
イジメ加害者の親の対応について解説しています。イジメられている子の親がつらいのは勿論ですが、自分の子が加害者であるとわかった時の親のつらさも相当なものでしょう。
子供がいじめられて裁判を起こす為の準備
子供がいじめを受けて心身に深い傷を負わされた場合、裁判で加害者を訴えることができます。今回はその準備や手順を紹介しています。
学校での嫌がらせ対処法
学校での嫌がらせにはどのように対処していけばいいのでしょうか。
学校の体罰対策
学校の体罰問題で教育委員会が面白い対策に着目しています。体罰は学校教育法11条に違反する行為であるだけでなく、児童の心身に傷を負わす教育者として許されない行為です。学校において体罰をふるって懲戒処分をうける教師は少なくありません。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否