イジメに対する親の正しい対応とは

<スポンサードリンク>

イジメに対する親の正しい対応とは

イジメに対する親の正しい対応とは

 

いじめられているわが子に対し、どのような対応をとるのが親として正しいことになるのでしょうか。

 

いじめを察知する為の対応

●いじめが深刻化する原因として子供が親に相談できず抱え込んでしまうことにある。

 

●いじめや学校でのトラブルを敏感に察知するには親子で十分なコミュニケーションをとることが大切である。

 

いじめられているわが子への対応

●何があっても学校を休ませないというのはおすすめしない。

 

●無理に学校に通わせても精神的に強くなるなんてことはなく、返ってトラウマを大きくさせて将来に支障がでる可能性もある。

 

●休みたいというのならそれを寛容に受け止めてゆっくりと準備期間を与えるのも親の役割である。

 

●子供は誰よりも親にいじめの事実を知られたくないいうことを忘れてはならない。親にいじめの事実を知られることでより絶望的な気持ちになる子もいる。

 

●親がしてあげられるのは相談しやすい環境をつくってあげることである。いじめを相談するのは恥ずかしいことではない。と日頃から教えてあげよう。

 

●いじめの相談を受けたらまずは共感してあげることから始めよう。

 

●共感しつつどのようにすればいじめられないのかアドバイスをしてあげる。

 

●注意点として「気にしすぎ」「大したことない」など子供の心の負担を考慮しないアドバイスは意味をなさないどころか、子供の孤独感を強めることになるので控えよう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

いじめられない方法
中学生や高校生に見てほしいいじめられない方法を紹介しています。いじめを防止するのに学校や保護者が防止策を考えるのはもちろんですが、いじめられないように自己防衛術を個々が身につけるのも非常に大事です。
いじめられたらやり返すべきか
いじめられたらやり返すべきなのでしょうか。いじめられた時の正しい対応とは・・・。
いじめをなくす為の取り組み
今回はどのようなとりくみがいじめ防止対策になるのか考えていきたいと思います。
イジメ加害者の親の対応
イジメ加害者の親の対応について解説しています。イジメられている子の親がつらいのは勿論ですが、自分の子が加害者であるとわかった時の親のつらさも相当なものでしょう。
子供がいじめられて裁判を起こす為の準備
子供がいじめを受けて心身に深い傷を負わされた場合、裁判で加害者を訴えることができます。今回はその準備や手順を紹介しています。
学校での嫌がらせ対処法
学校での嫌がらせにはどのように対処していけばいいのでしょうか。
学校の体罰対策
学校の体罰問題で教育委員会が面白い対策に着目しています。体罰は学校教育法11条に違反する行為であるだけでなく、児童の心身に傷を負わす教育者として許されない行為です。学校において体罰をふるって懲戒処分をうける教師は少なくありません。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否