イジメ加害者の親の対応

<スポンサードリンク>

イジメ加害者の親の対応

イジメ加害者の親の対応

 

イジメ加害者の親の対応について解説しています。イジメられている子の親がつらいのは勿論ですが、自分の子が加害者であるとわかった時の親のつらさも相当なものでしょう。

 

イジメ加害者の親の対応

●まずイジメの実態について知ることが大切である。

 

●子供が被害者に何をしたのか、どうしてイジメをしたのか。原因を知ろう。

 

●イジメの原因がわかったところで被害者に責任転嫁するようなことは絶対にあってはならない。

 

●まずどんな理由があってもいじめはいけないという前提で話すべきである。

 

●どんな理由があっても暴力という手段に訴えて良いことにはならない。

 

●親が潔く反省する態度を見せないと子供も反省することがない。

 

●これを機会に子供に「自分がされたらどう思うか」を学ばせるといい。

 

●自分の子供を罵倒されることもあるかもしれない。だが実際それだけ怒りを買うことをしてしまったのだから対立せずにとにかく謝ることに撤するべき。

 

●家庭環境や子供への対応の仕方に問題がなかったか冷静に振り返ってみよう。

 

●学校でつらかったことや不満だったことを家で吐き出せないことから、いじめという行動にでてしまう子供が多い。

 

●普段から子供とのコミュニケーションをとる、子供の相談や愚痴を面倒くさがらず聞くことが大切。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

いじめられない方法
中学生や高校生に見てほしいいじめられない方法を紹介しています。いじめを防止するのに学校や保護者が防止策を考えるのはもちろんですが、いじめられないように自己防衛術を個々が身につけるのも非常に大事です。
いじめられたらやり返すべきか
いじめられたらやり返すべきなのでしょうか。いじめられた時の正しい対応とは・・・。
いじめをなくす為の取り組み
今回はどのようなとりくみがいじめ防止対策になるのか考えていきたいと思います。
イジメに対する親の正しい対応とは
いじめられているわが子に対し、どのような対応をとるのが親として正しいことになるのでしょうか。
子供がいじめられて裁判を起こす為の準備
子供がいじめを受けて心身に深い傷を負わされた場合、裁判で加害者を訴えることができます。今回はその準備や手順を紹介しています。
学校での嫌がらせ対処法
学校での嫌がらせにはどのように対処していけばいいのでしょうか。
学校の体罰対策
学校の体罰問題で教育委員会が面白い対策に着目しています。体罰は学校教育法11条に違反する行為であるだけでなく、児童の心身に傷を負わす教育者として許されない行為です。学校において体罰をふるって懲戒処分をうける教師は少なくありません。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否