学校の体罰対策

<スポンサードリンク>

学校の体罰対策

学校の体罰対策

 

学校の体罰問題で教育委員会が面白い対策に着目しています。体罰は学校教育法11条に違反する行為であるだけでなく、児童の心身に傷を負わす教育者として許されない行為です。学校において体罰をふるって懲戒処分をうける教師は少なくありません。

 

学校の体罰対策

●文部科学省が対策に動いている。実態調査では体罰を受けた児童生徒の数は年間1万4,000人にも達するようだ。

 

●これは体罰の効果を信仰する人間や自分の感情をコントロールできない人間がそれだけ教師として働いていることを意味している。

 

●特に運動部の活動において体罰が多い傾向にある。

 

●また威圧的な言葉や中傷などの言葉の暴力も体罰と同様に懲戒処分の対象になる。

 

全ては教師が悪いのか

●ただ体罰をする教師にも色々いる。普段おとなしくて冷静な教師でも、言うことをきかず手がつけられない生徒にたいして「かっとなってやってしまった」というケースも少なくない。

 

●実際文部科学省の調査では体罰をした教師の3人に1人がそう答えているようだ。

 

●体罰をふるった教師が全て悪いと単純に結論付けてしまうのは根本的な解決にならないのである。

 

●それがこの体罰問題の難しさ。決めてとなる対策がなかなか見つからないのだ。

 

怒りのコントロール「アンガーマネージメント」とは

●そんな中教育委員会が「アンガーマネージメント」という手段に着目している。

 

●「アンガーマネージメント」とは怒りをコントロールするという意味の言葉だ。

 

●体罰の原因は感情の抑制が外れてしまうことからきている為、それをコントロールしようという試みである。

 

●具体的には自分の怒ったポイントを毎日日記につけて、数週間後自分が何に対して怒りが湧きやすいのか客観的に分析してみるというものだ。

 

●普通怒りのポイントは突然やってくるから、反射的に暴力という手段にでてしまう。

 

●だが怒りのポイントを事前に把握しておくことで冷静に判断できるというものだ。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

いじめられない方法
中学生や高校生に見てほしいいじめられない方法を紹介しています。いじめを防止するのに学校や保護者が防止策を考えるのはもちろんですが、いじめられないように自己防衛術を個々が身につけるのも非常に大事です。
いじめられたらやり返すべきか
いじめられたらやり返すべきなのでしょうか。いじめられた時の正しい対応とは・・・。
いじめをなくす為の取り組み
今回はどのようなとりくみがいじめ防止対策になるのか考えていきたいと思います。
イジメに対する親の正しい対応とは
いじめられているわが子に対し、どのような対応をとるのが親として正しいことになるのでしょうか。
イジメ加害者の親の対応
イジメ加害者の親の対応について解説しています。イジメられている子の親がつらいのは勿論ですが、自分の子が加害者であるとわかった時の親のつらさも相当なものでしょう。
子供がいじめられて裁判を起こす為の準備
子供がいじめを受けて心身に深い傷を負わされた場合、裁判で加害者を訴えることができます。今回はその準備や手順を紹介しています。
学校での嫌がらせ対処法
学校での嫌がらせにはどのように対処していけばいいのでしょうか。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否