LINE(ライン)いじめ対策

<スポンサードリンク>

LINE(ライン)いじめ対策

LINE(ライン)いじめ対策

 

近年LINE(ライン)を使ったイジメが広がっており問題視されるようになっています。LINE(ライン)いじめに対してはどのような対策をうっていけばいいのでしょうか。

 

LINE(ライン)いじめとは

LINE(ライン)いじめというのは電話番号だけわかれば無料でやりとりできる無料アプリを使ったいじめのことです。
情報の伝達速度やグループを作ってリアルタイム形式で会話できる仕様が高い利便性を誇り、今や全国で5200万人もの利用者がいます。

 

※LINE(ライン)いじめの例:

  • 既読しておいて返信しなかったといじめの対象にされる。
  • グループから強制退会させ、現実でも仲間はずれにする。
  • LINE IDを勝手に怪しいサイトに張られる。
  • 特定のメンバーに対して嫌がらせのメッセージを送る。
  • 現実でいじめをしている様子をタイムラインに流す。

 

またいじめになるのを恐れて、LINE(ライン)の辞め時がわからなくて、夜遅くまでやりとりしてしまうなどで成績低下につながることもあるそうです。
本来便利なはずの道具が若者のストレスの種や生活の弊害になってしまっている現状があるのです。

 

LINE(ライン)いじめ対策

上記に挙げたように様々ないじめの例があるので、決定的な対策は一概にはいえません。

 

対策1.あらかじめ返事を返せる時間帯・返せない時間帯を教えておく

⇒あらかじめ返事をできる時間を伝えておけば既読したしない、未読のままだあーだこーだでケチをつけられることもないでしょう。

 

対策2.誤解を与えるようなメッセージは送らない

⇒文面をはしょりすぎて本来の意味を誤解させてしまうことはよくあります。日本語は正しく使い文章が曲解されないよう気をつけましょう。

 

対策3.リアルでのコミュニケーションを疎かにしない

⇒文面だけのやりとりでは表情や声のイントネーションが伝わらない怖さがあります。しっかりリアルでもコミュニケーションをとりリアルの人間関係を構築しましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ネットいじめの原因
近年小中高のいじめの主流になりつつある「ネットいじめ」。被害者を人間不信に追い込む罪深いイジメですが、このような悲しいイジメが何故おきるのでしょうか。原因について調べました。
ネットいじめ対策
ネット上の公式サイトを使って特定の人物を誹謗中傷したり、サブアドレスを使って誹謗中傷メールを送るなどといったネットイジメが深刻になっています。携帯電話の普及でこうしたいじめが広がっていく中でどう対策をとるかを考えなければいけません。
ネットの嫌がらせに警察は対応してくれる?
ネットでうける嫌がらせに警察というのは対応してくれるのでしょうか。
嫌がらせメール対策
ネットいじめでありがちな「嫌がらせメール」にはどのような対策を打っていけばいいのでしょうか。
学校掲示板で行われる陰湿なイジメに対抗するには
学校裏サイトや2ちゃんねるなどの掲示板に特定人物の悪口を書いたり画像をアップしたりするイジメが問題になっています。ネットで悪口を書かれた場合どのように対処すればいいのでしょう。
ネットいじめの解決策
現代の学校いじめの主流になりつつある「ネットいじめ」の解決策を紹介しています。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否