ネットいじめ対策

<スポンサードリンク>

ネットいじめ対策

ネットいじめ対策

 

ネット上の公式サイトを使って特定の人物を誹謗中傷したり、サブアドレスを使って誹謗中傷メールを送るなどといったネットイジメが深刻になっています。携帯電話の普及でこうしたいじめが広がっていく中でどう対策をとるかを考えなければいけません。

 

ネットいじめの対策

最近はインターネットについて保護者や教師よりもむしろ生徒のほうが詳しいということも珍しくありません。

 

それでは監視の目が届きません。ネットいじめの抜け道になっていますから、まずは保護者や教師が携帯電話やインターネットの特性を理解することが大切だと思われます。

 

とくに家庭においてはインターネットの利用する上での危険性についてしっかりと話し合いをしておかなければなりません。

 

メール対策

誰からかわからないアドレスから誹謗中傷メールが送られてくる場合、まずできることはメールを拒否することです。

 

設定方法がよくわからなければ携帯電話会社の人に連絡を取って教えてもらいましょう。

 

 

ネットイジメは被害者を人間不信に陥らせる大変悪質なものです。学校や家庭でもこういった行為は絶対にしてはいけないと指導することが大切です。

 

学校などの教育機関はネット上で生徒を誹謗中傷する書き込みがないかパトロールしたり、企業に書きこみの刺駆除依頼を送ったりなどの対策が必要になるでしょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ネットいじめの原因
近年小中高のいじめの主流になりつつある「ネットいじめ」。被害者を人間不信に追い込む罪深いイジメですが、このような悲しいイジメが何故おきるのでしょうか。原因について調べました。
LINE(ライン)いじめ対策
近年LINE(ライン)を使ったイジメが広がっており問題視されるようになっています。LINE(ライン)いじめに対してはどのような対策をうっていけばいいのでしょうか。
ネットの嫌がらせに警察は対応してくれる?
ネットでうける嫌がらせに警察というのは対応してくれるのでしょうか。
嫌がらせメール対策
ネットいじめでありがちな「嫌がらせメール」にはどのような対策を打っていけばいいのでしょうか。
学校掲示板で行われる陰湿なイジメに対抗するには
学校裏サイトや2ちゃんねるなどの掲示板に特定人物の悪口を書いたり画像をアップしたりするイジメが問題になっています。ネットで悪口を書かれた場合どのように対処すればいいのでしょう。
ネットいじめの解決策
現代の学校いじめの主流になりつつある「ネットいじめ」の解決策を紹介しています。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否