ネットの嫌がらせに警察は対応してくれる?

<スポンサードリンク>

ネットの嫌がらせに警察は対応してくれる?

ネットの嫌がらせに警察は対応してくれる?

 

ネットいじめが多発する現代。自分だけではなかなか対処できないものです。こういう時にネットでうける嫌がらせに警察というのは対応してくれるのでしょうか。

 

ネット嫌がらせにおける警察の対応

いくつかのネット嫌がらせにおける警察の対応について調べました。

 

ネット掲示板に悪口を書かれた場合

発信者情報開示請求といって、掲示板に書き込んだ人物の情報開示をプロバイダに対して行い、それをもとに訴訟などを検討するのが一般的です。
警察の場合はおそらく他に様々な重要事件に関わっているのでよほど悪質出ない限り対応を渋るかもしれません。

 

嫌がらせメールの場合

内容によります。よほど悪質だと判断された場合警察が動くでしょう。例えば嫌がらせメールの被害にあっているのなら送られてくるメールデータは保存しておかなければいけません。不快な文章や画像は早く消してしまいたいかもしれませんが・・・。
ただし嫌がらせメールの場合は実害が法的に問われないので、ストーカーに対する対応と同様警告止まりになるとは思います。

 

ラインで嫌がらせやいじめを受けた場合

アカウント乗っ取りやなりすましなどの場合は警察よりもまずラインの運営会社に通報します。ラインで詐欺被害に合うなど明らかな実害が出た場合は警察への通報をします。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ネットいじめの原因
近年小中高のいじめの主流になりつつある「ネットいじめ」。被害者を人間不信に追い込む罪深いイジメですが、このような悲しいイジメが何故おきるのでしょうか。原因について調べました。
ネットいじめ対策
ネット上の公式サイトを使って特定の人物を誹謗中傷したり、サブアドレスを使って誹謗中傷メールを送るなどといったネットイジメが深刻になっています。携帯電話の普及でこうしたいじめが広がっていく中でどう対策をとるかを考えなければいけません。
LINE(ライン)いじめ対策
近年LINE(ライン)を使ったイジメが広がっており問題視されるようになっています。LINE(ライン)いじめに対してはどのような対策をうっていけばいいのでしょうか。
嫌がらせメール対策
ネットいじめでありがちな「嫌がらせメール」にはどのような対策を打っていけばいいのでしょうか。
学校掲示板で行われる陰湿なイジメに対抗するには
学校裏サイトや2ちゃんねるなどの掲示板に特定人物の悪口を書いたり画像をアップしたりするイジメが問題になっています。ネットで悪口を書かれた場合どのように対処すればいいのでしょう。
ネットいじめの解決策
現代の学校いじめの主流になりつつある「ネットいじめ」の解決策を紹介しています。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否