陰口を気にしない方法

<スポンサードリンク>

陰口を気にしない方法

陰口を気にしない方法

 

陰でこそこそ何か言われて気持ちいい人はいません。でもだからといっていつまでも気にしても仕方ありません。今回は陰口を気にしない方法を紹介しています。

 

陰口を気にしない方法とは

●陰口を言う人間を「直接ものを言えないへたれ」だと思い見下す。

 

●日常に不安を抱えている可哀相な人だと思って、自分は自分のやるべきことに没頭する。

 

●人から好かれようと思わないことも大切。悪口を気にする人は大体人から嫌われることを恐怖するが、万人に好かれる人などいないのだから陰口を言われることはただの自然現象だと割り切ろう。

 

●ニーチェの言葉に「事実はない、解釈のみである」という言葉がある。つまりは他人の悪口など所詮はその人の主観、解釈にすぎないのである。深く考える必要はない。

 

●陰口を言う人を憐れみつつ、自分はそうはなるまいと反面教師にするようにしよう。

 

●改善すべき点は改善する。陰口をいわれる理由が明らかであり、それが理不尽な内容でない限りは改善するようにしよう。改善することで陰口をいわれなくなることも多い。

 

●人生に目標を持とう。何か大きな目標ができれば小さな雑音などは気にならなくなる。自分の人生に赤の他人の陰口などなんの影響もないとどんと構えておこう。

 

●テレビやゲームではなく何かクリエイティブな趣味を持つことをすすめる。小説を書くとか絵を書くとか、作業に没頭できかつ完成した時の達成感を味わえるものがおすすめ。

 

●日常にやりがいを見いだせれば陰口などは所詮は目の端をうろつく蝿にすぎないと思えるだろう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

学校で陰口を言われる場合の対処法
不登校になる原因として教師の対応が事例としてあげられることも多いですよね。教師が子供を不登校にしてしまう理由についてデータをまとめました。
陰で友達に悪口を言われた
自分のことを好いていると思っていた友達が実は悪口を言っていたことを知った時のショックは相当でかいです。対して仲良くも関わりもない人物が陰口を言っているのを知った時とはわけが違います。友達が悪口を言っているとわかった時どのように対処すればいいのでしょうか。
陰口を言う人の心理
世の中には陰口だ大好きで、陰口を言わない日などないという人がたくさんいます。陰口を言う人の心理というのはどのようになっているのでしょうか。

 
トップ いじめ原因 いじめ防止 ネットいじめ 陰口対処 部活トラブル 登校拒否